Marcé Society Japanese Regional Group

 The International Marcé Society for Perinatal Mental Healthは、国際的な学際的な組織で、母親、父親、およびその赤ちゃんのための出生前および産後の精神的健康を取り巻く研究と支援を支援することを目的としています。

 学会の全体的な使命は、国際的な周産期精神保健コミュニティを維持し、世界中で研究と質の高い臨床ケアを推進することです。学会は、妊娠中と出産後の最初の2年間を通じて女性、男性/パートナー、乳児とその家族の精神的健康のすべての側面に研究について伝えることを目指しています。これは、基礎科学から健康サービスとベストプラクティスケアと予防の開発に至るまでの研究活動の広い範囲が含まれます。

 学会は学際的であり、以下を含むすべての分野からの関与を奨励しています。

 ・精神科医、心理学者、小児科医、産科医、助産師、看護師、幼児期の専門家

 

 Regional Groupとは、基本的には、より管理しやすくまとまりのある地域で同じ目標に向かって活動するMarcé Societyの支部です。Regional Groupは、メンバーが協力して情報を共有し、地理的に近い場所にいる仲間や共通の言語を持つ仲間との関係を築く機会を提供します。

 Regional Groupの会員は、Marcé Societyの会員としてのメリットに加えて、専門的なメーリングリストや地域会議での優先的な参加など、個々のグループのメリットを享受することができます。会員は、自分の言語の好みや現在の場所に最も適したグループに参加することもできますし、Regional Groupを選択せずにMarcé Societyに参加することもできます。


Japanese Regional Groupの設立

Marcé Societyの会員が30名以上の団体は、グループを作ることができ、日本のグループは2016年7月7日に結成されました。

詳しくはJapanese Regional Group のページをご覧ください。


お知らせ

2020年7月10日 Marcé Society 2020については、こちらをご覧ください