The International Marcé Society 

for Perinatal Mental Health


 The International Marcé Society for Perinatal Mental Healthは、1980年の国際大会で結成されました。その大会の目的は、産褥に関する精神疾患の研究の異なる分野を一堂に会することでした。それは、その最も広い意味での産褥期の精神疾患を議論するためのフォーラムが必要であることが認識され、この学会が形成されました。この学会の名前は、1858年に出版された、産褥に関する精神病について最初の論文を書いたフランスの精神科医、 Louis Victor Marcé(ルイ・ヴィクトル・マルセ)にちなんで付けられました。

 本会の主な目的は、出産の時期を中心に、女性やその乳幼児、パートナーの心の健康に関するあらゆる研究を促進し、伝えることにあります。基礎科学から医療サービス研究まで幅広く研究活動を行っています。

 本会は学際的であり、精神科医、心理士、小児科医、産婦人科医、一般開業医、科学者、研究者、助産師、小児科看護師、セラピスト、作業療法士、地域精神科看護師、ソーシャルワーカー、地域看護師、ヘルスビジターなど、本会の趣旨に賛同する医療関係者の参加を奨励しています。

 本学会では、学会会長が主催する国際会議を2年に1度開催しています。世界中の研究者、臨床家らが一堂に会する、質の高い科学的内容の活発な会議です。もともとはイギリスで設立された学会でしたが、成長を遂げ、現在では世界各地から会員が集まり、真に国際的な学会となっています。隔年総会は、隔年国際総会に合わせて開催されます。この時、委員会への選挙が行われ、特別賞が授与されます。

 現在、Regional Group(オーストラリア、フランス語圏、ドイツ語圏、イタリア語、日本語、北欧、スペイン語)が結成され、定期的に会合を開いて、より地域的な問題について話し合ったり、女性とその乳児、パートナーのメンタルヘルスのあらゆる側面について意見を交換したりしています。


下記のボタンは「The International Marcé Society for Perinatal Mental Health」のホームページにリンクしています


Leadership

The International Marcé Society for Perinatal Health Office Bearers

 

Below is a list of Marcé Society Office Bearers including Executive Committee and other Executives.


以下は、Marcé Society の役員を含む事務局の一覧です。  

Executive Committee
President:  Lisa Segre  

President-Elect: Louise Howard 

Secretary: Cindy Lee-Dennis 

Treasurer: Vivette Glover

 

Officers
Immediate Past President:
  Jane Fisher
Information Editor: Simone Vigod

 

Board of Directors
Prabha Chandra
Megan Galbally
Simone Honikman
Claudia Klier
Jennifer Payne
Anne-Laure Sutter


Regional Group Representatives
Australasian – Caroline Zanetti
Francophone – Elisabeth Glatigny
Germany – Claudia Klier
Italy – Alessandra Bramante
Japan – Keiko Yoshida
Nordic – Ewa Andersson
North America – Samantha Meltzer-Brody
Spanish – Elena Serrano
UKIMS – Michael Craig


40周年記念基金

 1980年の設立以来、国際周産期メンタルヘルス学会(International Marcé Society for Perinatal Mental Health)は、母親、父親、パートナー、およびその子どもたちの周産期のメンタルヘルスのアウトカムを改善することに焦点を当て、世界40カ国の複数の専門分野からなるメンバーのコミュニティを支援してきました。

 会費と大会登録料からの収入は、Marcé Societyの運営費を賄うのに役立っています。40年にあたるこの記念すべき年には、Marcé Societyの活動の発展と発展を促進するために、支援の輪を広げていきます。

 International Marcé Society40周年記念基金へのご寄付は、本会の使命と最近の取り組みを促進するものです。

  • 低・中所得国居住者の会費削減
  • 国際的な専門家が一堂に会し、周産期損失、父親のユニークな役割、妊娠の隠蔽などの主要な分野で知識を増やすために設立された特別利益グループ
  • 会費の値下げと、学生と周産期精神保健分野でのキャリアを始めた人のための新しい特別利益グループ
  • アーリーキャリア会員の隔年大会への参加支援

詳細は学会ホームページをご覧ください。